癌は酸素に弱い

 老齢になっても、運動を欠かさない老人は90歳、100歳までも元気で活動しています。自分に合った運動を毎日継続して、体内に酸素を取り込み、血液サラサラにする努力をしているからです。

 

 体内に酸素を沢山取り入れるには、運動するのが一番効率的です。癌は低酸素の体質を好みますから、新鮮な酸素が多く入り、血流も良い体内では、活動も出来ないし、増殖も出来ません。

 酸素の多い体内で癌はなぜ、増殖できないのでしょうか?

 

 体内に60兆個ある細胞と、癌細胞はいつも戦争をしています。免疫細胞だけが癌を撲滅させるのではありません。正常細胞も必死になってがん細胞と闘っているのです。

 

 体内環境が低酸素、になれば癌細胞が有利になり、新鮮な酸素が多くなると正常細胞が有利になります。低酸素、高血糖になると癌は乳酸を大量に吐き出します。その乳酸は酸性物質となり癌の周りを埋め尽くします。

 

 酸性物質に覆われた癌細胞には免疫細胞も近づけないのです。そればかりか周りの正常細胞をも弱らせ死滅させます。その正常細胞を取り込み癌は増殖するのです。又、乳酸を血液中にも流し込み、身体全体を酸性体質にして、癌細胞に有利な環境を作ろうとします。

 

 ところが、毎日運動をして新鮮な酸素を取り込み、野菜海藻、発酵食品を中心としたアルカリ食品を取り、笑いのある生活に切り替えると、体内には新鮮な酸素と、アルカリ食品を土台とした血流が多く流れます。

 

 60兆個ある、全身の正常細胞は元気になり、癌細胞に負けなくなります。一方、癌細胞の方は新鮮な酸素に耐え切れず、癌細胞の中に閉じこもって、じっと辛抱強く、再び低酸素になる時を待つのです。

 

 この癌細胞の性質を理解すると、運動をして酸素を多く取り込み、アルカリ性食品を取り、血流を良くする事によって、癌にならない体質を作る事が、根本的には一番大切になります。