トップページ

癌のことを知りたいなら

運営者 大石正恒

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

 孫子の兵法ですが、すべての難敵に対するとき、これほど必要な言葉はありません。がんを告知された人は、いきなり頭の中が真っ白になり、一刻も早く医者にかかる事ばかり考えます。

 

 自分が癌なのですから、自分がどのように癌と向き合うか、癌をよく知り、自分の置かれている病状を知り、3大化学療法のメリット、デメリット、も的確にわきまえ、その上で癌と闘ってほしいのです。

 

 癌の弱点、癌の性質、癌の特徴、癌の好きな食べ物など、癌についての知識を十分知ったうえで、癌を見つめる時、なんだそんな弱みもあったのだ。

 

 あー そうか、自分の生活のここが悪かったから癌が出来てしまったのか、癌も生活の仕方によっては、大きくなったり、小さくなったり、冬眠することもあるのだ。癌は一方的に大きくなるものではないのだ。

 

 癌を知ることによって、自分の取るべき道が見えてきます。医者にすべてを任せるのではなく、自分の選択によって医者を利用することも出来ます。

 

 癌は決して怖い物ではありません。ただ、怖いと思ってすべてを医者に任せてしまうことのほうが恐いのです。医者は大勢の患者さんを抱えています。さっと診て、さっと決断を下します。

 

 癌の全体像から、今後の対策、メリット、デメリット、などなど多くのことに対して教育している暇はありません。医師の判断でどんどん進んでしまいます。

 

 しかし、患者にとっては自分のことは自分が一番よくわかります。がんの進行方向、癌の弱点、癌の特徴、癌と3大治療の関係など、自分が知っていると、医者の独断と偏見も見抜けることもあるのです。

 

 癌についての知識があるのと、癌を医者に丸投げにするのとでは、雲泥の差が出来てしまいます。このことを癌患者さんも、家族の方もはっきりと認識して、癌に対処して頂きたいと思います。

鍼灸師・大石 正恒 独自の治療法の特徴

対処療法ではなく、根本から改善

癌の治療というと、抗がん剤治療やX線治療が思い浮かぶと思います。ただ、抗がん剤治療は対症療法なので、症状をおさえても根本から改善することはできません。

鍼灸師・大石が勧めるのは、体力を高め、免疫力を強くし、癌に打ち勝つように、根本から改善していく治療法です。

生活習慣を変えることで、治療につなげる

 日々の生活習慣を改善することで癌をつくりだす「癌体質」も改善し、再発、転移、など恐れていた事態にならないような生活に切り替えてゆく方法を詳しく記載しています。

抗がん剤は使わない

抗がん剤治療は、あくまでも延命治療です。そのため、いくら抗がん剤を活用しても癌を生み出している「癌体質」そのものが改善するわけではありません。身体に抗がん剤という爆弾を投下してがんを縮小させても、癌体質を悪化させるだけです。そのような愚かな治療は辞めるべきだと考えています。

各ページのご紹介

癌と宣告されたら考える決断

ごあいさつ

代表者名

鍼灸マッサージ師
大石正恒

NEW!
臨床例集 第二集
刊行のお知らせ

臨床例集 (第二集)

第一集に引き続き、この度第二集が刊行されました、独特の語り節が健在。院内風景の読み物としてもお楽しみいただけそうです。Amazon (アマゾン)で通販もしています。

お申込みはここからAmazon