画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

腸脳相関

 

 腸と脳は密接な関係にあり、腸内環境によって脳の感情が大きく左右されます。うつ、イライラ、怒り、不眠、恐怖観念、不安感、など多くの不定愁訴が腸の環境によって引き起こされているのです。

 

 腸内細菌が精神状態に影響を与えるメカニズムは、腸内で生産されるセロトニン「幸せ物質」が関係しています。このセロトニンは腸内で、その90%が生産されています。

 

 腸内細菌の状態が良ければ、セロトニンがより多く産生されます。このセロトニンは幸せ物質と呼ばれ、幸福感、安定した睡眠、精神の安定、ストレスの抑制、などに対して活躍するホルモンです。

 

 腸内の環境が良ければ腸内でセロトニンの90%は生産されます。腸内のセロトニンは腸管の蠕動運動を助け、消化を促進する調整作用があります。食物を消化吸収する過程でタンパク質から、必須アミノ酸であるトリプトファンが造られます。

 

 このトリプトファンが5―HTPというセロトニンの前駆物質に合成されて脳内に運ばれます。脳内では5-HTPから脳内のセロトニンが合成されるのです。脳内のセロトニンが幸せ物質となり、精神の安定、幸福感、安定した睡眠、ストレスの抑制などに貢献します。

 

 腸内環境が充実して腸内のセロトニンが充分に生産されてこそ初めて、脳内のセロトニンも多くなります。脳内で幸福感、精神の安定、睡眠、などが充実していると腸内環境も安定します。

 

ところが、何らかのトラブルがあり脳内で、怒り、不安、恐怖、イライラ、不眠、などがあるとします。この脳内のストレスは直ちに、腸内環境に影響を与え、腸内環境がドンドン悪くなります。

 

良い食品の摂取、腹8分の食事、適度な運動、など身体に良い生活をしていても、人間関係や何らかの衝撃で脳内に極度のストレスがかかる場合もあります。

脳内のストレスは、腸内環境に対してストレートに悪影響を及ぼします。

 

 極度の恐怖感は胃潰瘍を発症します。身内の裁判沙汰や夫婦のイザコザ

等が続くと、腸内環境が悪化して、癌体質に発展する可能性が高くなります。

 

 このようなことは総て脳内のストレスが、腸内環境に影響を与え、悪玉菌の増加、毒素が生産され悪い血液が全身に流れる。その結果、癌体質に進んでゆくことになります。

 

 腸と脳はお互いに助け合う関係にもなりますが、腸の中に食品添加物の多い食品を毎食取り込んでいたり、逆に脳がストレスになる裁判、夫婦のイザコザ、恐怖感、などが起きると、腸が脳に悪影響を与えたり、脳が腸に悪影響を与えたりします。

 

 これを腸脳相関関係といいまして、腸と脳は密接な関係にある事が科学的にも証明されています。

 

 腸と脳を良い関係に、持って行くことが大切になります。それには食品添加物の入った食品を出来るだけ排除することです。又、人間性を高めて他人と争わない和やかな生活を心掛けることです。

 

食品添加物は食品を腐敗させない為の物です。腐敗させないという事は、細菌を増殖させないため防腐剤を食品の中に入れます。それによって食品は長持ちします。ところがその食品を食べると、腸の中では3000兆個あると言われている腸内細菌の活躍が制限されてしまいます。

 

 腸内細菌は食物を分解(良い菌で腐らす)して、免疫力を高め、栄養を吸収するのが仕事です。その仕事を妨害して腸内で分解を遅らせます。腸内は37度という真夏並みの熱さです。

 

 分解が遅れると、悪玉菌による腐敗も起こり、毒素が発生します。免疫力の低下、悪い栄養の吸収、体内50兆の細胞に質の悪い栄養が届けられます。そのような状態が長年続きますと、やがて癌体質になるのです。

 

 現代社会では、癌をはじめとした悪性のあらゆる慢性病が右肩上がりで増え続けています。これらの慢性病は昔、無かったものです。昭和30年ごろから、だんだん増え始め、癌などは天井知らずで増え続けています。

 

 昔は無かって、現代になってふんだんに使われている物、それが農薬、食品添加物、化学肥料、化学薬品、酸化した油、などです。これらは総て、腸内細菌にとって外敵となり、腸内細菌を痛めつけます。

 

 癌など慢性病を克服するには、腸内細菌がイキイキと活躍できる場を提供する必要があります。腸内細菌こそ人間の健康を守ってくれる、最大の援護者であることを認識して大切にさせて頂きましょう。