癌と検査

 現在は癌の検査技術が発達して、微小ながんでも発見できるようになりました。ただこの検査が良かったのか、悪かったのか、はなはだ疑問です。普通の人でも良性腫瘍、悪性腫瘍、は別として、腫瘍そのものは皆、持っています。

 ガン検査が発展して、微小癌が見つかるようになると、新たな課題も出てきました。厚生労働省は、母乳を運ぶ乳管内の石灰化をとらえ、がんを発見しているが、これは悪性度の低い「非浸潤ガン」がたくさん見つかるといっています。

 

 子宮頸がん検査の危険性

 

 子宮がんが疑われた時、より確実に検査する為、組織を少しばかり切り取って、細胞を検査します。この組織検査が危険なのです。子宮頸がんの場合、ヒトパピローマウイルスが感染しており、そのウイルスが子宮細胞を攻撃するため、子宮がんとなります。

 

 子宮頸部では癌に感染しないように、子宮の細胞ががんばってウイルスと闘っています。ところが検査の為、子宮の細胞をほんの少し、切り取ります。子宮頸部は最前線の組織を切り取られたので、ウイルスに負けてしまいます。

 

 そこからどっとウイルスに攻め込まれ、3カ月後には本物の癌となって宣告されるのです。癌は組織検査をしなければ、本物の癌かどうかは見分けがつきません。その為、検査して本物の癌を構築されたのでは何の検査やら分かりません。

 

 何の癌でもはっきりと癌と断定するときには、組織検査をしています。組織を切り取る行為が、癌を呼び込む道筋になる可能性が高いのです。

 

 胃がんの場合、検査技術の発展により、大変な勢いでがんが増えています。

胃がんの成功率は格段に飛躍したと言われています。ところが胃がんでの死亡率は全く変化がなく、統計上では変わりがありません。

 

 これは、癌もどきの手術が成功したのであって、本物のがんは成功していないということになります。癌を全体的に見ても毎年右肩上がりで癌の死亡者は増えています。

 

 癌の検査、癌の3大化学療法、現代医学のすべてにおいて、まだまだ未熟な点が多くあります。何十年か前の乳がん手術を振り返ってみると、乳房と共にリンパ節もごっそりと取り除く手術をしていました。今から考えると、あの頃はあんな治療をして患者さんを苦しめていたのです。

 

 現在盛んに行なわれている組織検査も何十年か後には、あの検査はダメだったなあという事になるかもしれません。