癌と肉体的ストレス

 癌は肉体的ストレスでも発生しやすくなります。特に夜中でも起きて働く職業の人は気をつけなければなりません。充分睡眠をとる夜中に、起き出して仕事をすることは、リラックスして副交感神経優位の状態から、いきなり交感神経優位の状態に切り替えることになります。

 

 交感神経と副交感神経は交互に規則正しく交代してこそ、身体は正常な体力を保つことが出来るのです。それがやたら激しく交代させられたり、交感神経ばかりの時間が多くなり過ぎたりすると、肉体的ストレスとなります。

 

 リラックスが身体を休め、体力を向上させ、免疫細胞を活性化する原動力となります。この大切な夜中を切り詰めて、仕事をしている方は、自分の体調をしっかりと管理する必要があります。

 

 真面目で、仕事熱心で、夜中の勤務でも文句も言わず、働き続けている若い人が突然、癌宣告を受ける事があります。若い自分が今、なぜ癌になるの?

戸惑う人も多いと思います。

 

 若くて体力もあり、夜勤で疲れきっても、少し休めば体力も回復して、また走り回って勤務をこなす、このような状態が長年続けば、いくら若くても癌体質になってしまうのです。

 

 ブラック企業が今問題になっていますが、従業員の体調管理を考えずに仕事を押し付ける企業や、無理な仕事をさせているなと思いながらも、人手が足りずに従業員ががんばっている会社もあります。

 

 癌宣告を受けるということは、癌が出来やすい体質に自分がすでになっていることを知ることが大切です。根本を変えずに、手術や抗癌剤治療で乗り切ろうとする人があまりにも多く居ます。

 

 手術、抗癌剤治療をすると、若い人の場合1ヶ月~3ヶ月ですっかり治ったような気分になります。しかし、癌体質はいっそう深刻になっておりその上、元の職場に復帰すると、また過酷な肉体的ストレスにさらされます。

 

 こうなると癌の再発は時間の問題となります。