癌には半断食と野菜ジュースを

 半断食を行って、飢餓の状態を毎日繰り返すと、どういうことが起きるのでしょうか。体内にある60兆個の細胞が、いっせいに飢餓を感じます。栄養の補給を立たれると、体内ではかってないほどの変化が起きるのです。

 

 通常の食事を続けていると、後から栄養の補給が期待できるので、吸収できる栄養分を大便の方に少々逃してもかまいませんが、半断食をすると、栄養の補給が少し足りません。したがって胃腸内に入ってきた食物は100㌫消化、吸収して、それを身に付けようと待ち構えています。

 

 このように飢餓状態というストレスに対する反発力が、身体の仕組みを大きく変動させます。この変動させる力、体質を変換する過程が、さまざまな病気、症状を治す力となって現れるのです。

 

 60兆個の細胞が争って栄養分を吸収するため、僅か数十億個の癌細胞に対する食料の配分は限られてきます。癌は高栄養、高血糖、を好みますから、栄養が乏しくなると増殖できません。こうなると癌は冬眠状態に入り、じっとして動かなくなります。

 

小腸、大腸の中で免疫細胞の70㌫は作られる。

 

飢餓というストレスが加わると、小腸や大腸の中に入ってきた食物は100㌫消化吸収されます。余分な栄養が無い状態ですから、毒素が排出されません。腸内細菌も効率よく食物繊維を分解して免疫細胞を作ります。

 

 身体全体の免疫細胞は、70パーセントが、小腸や大腸の腸内細菌によって作り出されているのです。飢餓という低栄養で、血液もサラサラになると、免疫細胞は、その血液に乗ってからだの中を巡回します。

 

 癌細胞は益々扉を硬く閉ざして、冬眠状態でしのぐ体制に入るのです。癌細胞は身体の状態によって、増殖したり、じっと様子を見たり、冬眠して身体の状態が悪くなる時期を待ったりします。癌細胞は自在に変化しながら生きています。一定のペースで増殖ばかりしているのではありません。

 

半断食は朝、野菜ジュース1杯だけ

 

半断食は、夜の7時に食事が終わると、翌日の昼12時まで、17時間の間に朝、野菜ジュース1杯を飲むだけですごします。昼と夜の食事は軽く腹いっぱいになるぐらいで止めてください。間食や夜食は絶対に厳禁です。

 

 半断食をしますと、胃はだんだん小さくなりますので、昼と夜の食事もすぐに満腹になります。食べ過ぎないように注意してください。

 

 野菜ジュースは、バナナ、りんご、キャベツ、ニンジン、レモン、その他、野菜なら、なんでもOKです。ミキサーの中に細かく切って入れ、豆乳をひたひたになるくらい入れて攪拌します。

 

 ドロドロの食物繊維いっぱいのジュースが出来上がります。朝はこのジュースを大きめのコップに1杯だけ飲みます。水や、お茶はドンドン飲んでください。朝残ったジュースは、昼食や夜食の時に飲んでください。食物繊維が豊富に入ります。市販のジュースはダメ、食品添加物が入っています。

 

 食物繊維は大腸の中で善玉菌の餌となり、善玉菌を優勢にします。又、腸内の残り粕や、老廃物、有害物質などをからめ取って排出します。

 

 野菜や果物、豆乳の中には癌の嫌いな栄養物が沢山入っています。これらの栄養を癌は受け付けません。その為、癌は冬眠せざるを得なくなるのです。

 

 癌で食欲の無い人も、半断食をしてください。食欲が無いため無理にでも食べようとするのがよくないのです。半断食をすると、少しは食欲がわいてきます。食欲のある所まで食べてください。それ以上は食べないでも心配ありません。

 

 毎日、半断食をしていると、自然に食欲が湧いてきます。水やお茶は飲んでください。