トランス脂肪酸

 トランス脂肪酸は、悪い食品だと聞いた人は多いと思います。何故、トランス脂肪酸が悪いかと言うと、植物油に水素を添加して、固めた物だからです。

 

 顕微鏡で見ると分子がプラスチックと非常に良く似ており、その作用までプラスチックに似た働きをします。その為、身体の中に取り込まれると、不都合なことが起きてきます。

 

 一番、このトランス脂肪酸の影響を受けるのが脳です。脳にはオメガ3系の脂肪酸が必要ですが、これが不足した場合、やむを得ずトランス脂肪酸が脳の構成材料として代用されます。

 

 ところがトランス脂肪酸は、必須脂肪酸の役割を果たせない為、脳の脂肪膜が不安定になり、脳の伝達機能が衰えてしまうのです。その影響で脳みそが硬くなり、うつ病、認知症、パーキンソン病、不眠症になり易くなります。

 

 トランス脂肪酸とは、高価なバターの代用品として、植物油を何とか固めてバターのような商品に出来ないものか、と考えた人が水素を添加して加工するとバターそっくりの商品が出来上がる事に成功しました。それがマーガリンです。

 

 安い、うまい、バターそっくり、植物油だから身体に良い、と言うことで最初はとても人気が出てきました。ところがトランス脂肪酸が身体にとって有害であることが分かると、たちまちマーガリンの人気が落ち、今ではマーガリンと書いてあると売れない商品となりました。

 

 それでもこの商品は利用価値がとても高く、今ではあらゆる商品に取り入れられています。マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドなどです。この油を原材料として使用すると思わぬ良い商品が出来たのです。

 

 プラスチック化している為、腐らずに日持ちがする、サクサク感、ぱりぱり感、カリッとする感覚、高級菓子の感覚、美味い、安い、特に、腐らず日持ちがするということは、流通に載せて全国展開する大手の菓子メーカーにとって、こんなに良いことはありません。

 

 そんな良い素材であるため、多くの商品にドンドン使われ、今ではトランス脂肪酸の入っていない商品を探すのが困難になるほど、使われています。

 

 菓子パン、ビスケット、チョコ、カップラーメン、ファーストフード食品、レトルト食品、冷凍食品、ピーナッツバター、ケーキ、アイスクリーム、クラッカー、インスタント麺、スナック菓子、クロワッサン、ドーナッツ、クッキー、などあらゆるものに入っています。

 

 この中でも特に問題なのが、マヨネーズとドレッシングです。若い女性は健康のため野菜を沢山食べます。ところがその野菜にドレッシングやマヨネーズをかけると、これがとんでもないほどトランス脂肪酸が多く含まれているのです。

 

 ドレッシングやマヨネーズの原料は油が70㌫です。そこにトランス脂肪酸が含まれて居ますから、腐らない、美味い、安い、手軽に使用できる。この為、常温で長く置いても腐らずに使われています。

 

 美容や健康に気を使う若い女性にとって、思わぬ所でトランス脂肪酸の害を受け、肌にシミやシワを作ったり、顔色が悪くなったり、生理不順になったり、不妊症になったりするのです。

 

 アメリカのマクドナルドでは、フライドポテトを油で揚げるときに、安い油を使っていました。これはポテトをトランス脂肪酸というプラスチックでコーテイングしたようなものです。

 

 この為、フライドポテトを半年間、放置していても腐らなくて、カビが生えないということが分かり、問題となったのです。青少年の大好きなフライドポテトがこのように害のある商品だとすると、お母さん方は驚くでしょう。

 

 そのほかにもトランス脂肪酸は、次のような病気に関係していることが分かってきました。悪玉コレステロールの増加、動脈硬化、シミ、シワ、アトピー、肌荒れ、心筋梗塞、狭心症、肥満、アレルギー、流産、死産、母乳からの乳児への影響、認知症、癌、子宮内膜炎、不妊症、婦人科系のトラブルなどです。

 

 ただし、トランス脂肪酸は、防腐剤のような毒性を持ってはいません。その為、腸内細菌を殺すような、直接的な害を及ぼすとは考えられません。血流に乗り細胞に届いてから、細胞膜に影響を与え細胞の伝達機能を不安定にさせ、徐々に身体の機能を低下させるものと思われます。

 

動物性の肉や脂身、バターなどは固形になりやすい性格があります。そのため取りすぎると血液がドロドロになり動脈硬化を起こしやすくなります。トランス脂肪酸の入った油も固形化している為、血液をドロドロにする働きがあります。

 

肥満大国、アメリカでは肥満が大問題で、動脈硬化、心臓病も深刻な悩みです。そこに深く関わっているのがトランス脂肪酸との関係です。そこに注目したアメリカでは2018年6月でトランス脂肪酸を全廃すると発表しました。

 

その点、日本では規制が全く行われていません。トランス脂肪酸の入った原材料は使われ放題です。あまりにも多くの商品に使われているため、規制すると日本の食品流通が麻痺するほどのショックを受けるからです。

 

我々庶民がトランス脂肪酸の害を、しっかりと認識して自己防衛をしないことには、多くの病気から逃れることが出来ません。