強力な免疫細胞を造り出す方法

 各個人の免疫細胞にも強力な免疫細胞と弱い免疫細胞の持ち主がいます。弱い免疫細胞の持ち主は風邪を引きやすく、傷をすると治りが悪い、癌をはじめとしてあらゆる疾患が出やすくなります。

 

 そこで必要となるのが【強力な免疫細胞】です。この細胞を作り出すには2つの要素が必要になります。【優秀な免疫細胞の生産】【免疫細胞の活力を高める生活】この2つを意識した生活が強力な免疫細胞を作り出します。

 

 まず、優秀な免疫細胞の生産ですが、免疫細胞の70㌫は腸の中で生産されています。小腸、大腸の機能を良い状態に保つことが一番大切になります。それには何をすれば良いか? 食品添加物、化学薬品、薬、白ご飯(精製されて栄養が無い)などをとらない食生活をすることです。

 

 食品添加物については全食品の80㌫に入っています。これを排除するには【鍼灸師が書いた、驚くべき、食生活】の本をアマゾンで買って読んでください。具体的にどの様な食品が汚染されており、優秀な食品はどの系統の食品が良いのか大きな目安が判ります。

 

 化学薬品、薬、白ご飯(玄米がよい)については、ハッキリしていますので各自の判断で選択してください。これらの悪い食品が腸の中に入ると、腸内細菌の活力が弱まり、優秀な免疫細胞の生産が出来なくなります。

 

 腸内細菌の活力が正常であるか、弱っているのかを判断するには便通で判断してください。バナナのような黄色の良い便が硬くも無く、柔らかすぎることも無く、スムーズに毎日出るのを目安とします。

 

 便秘、硬い便、下痢、便秘と下痢の繰り返し、オナラが臭い、など便通に関する状態は、腸内細菌の元気さを正確に反映しています。自分の便の状態が正常かどうか判断して、正常でなければ何が間違っているかを考えます。

 

 食品添加物の多い食生活か、野菜、海草が不足していないか、精神的に不安定か、薬を多く飲んでいないか、サプリメント、健康ドリンクなどに頼っていないか、睡眠不足になっていないか、過食、間食が多くないか、甘いものやお菓子を食べることが多くないかなどを考えてください。

 

 便通は良くない生活を正確に映し出します。生活が改善されますと必ず便通も良くなり正常な便が出るようになります。長年の不摂生でどうしても便通が正常に戻らない場合は、断食道場で4日間ぐらいの断食をして、いったん腸の中を空っぽにして出直すと良いでしょう。

 

 便通が正常になればその状態をキープすることです。必ず優秀な免疫細胞の生産を可能にしてくれます。元を正せば全てがよくなります。免疫細胞だけでなくあらゆる体内環境にも良い影響が出てきます。

 

 次に、【免疫細胞の活力を高める生活】が必要となります。良い免疫細胞が出来ても、生活次第では充分な働きが出来ない場合もあるのです。交感神経と副交感神経を正常に交代させる生活です。

 

 昼間は仕事で汗を流し、夜はぐっすりと必要な睡眠時間を取るようにしてください。昼休みに30分間、昼寝をすることも出来る人はやってください。仕事や運動は交感神経を刺激して新鮮な血液を体内に流します。

 

 副交感神経を一番充実させるのは睡眠です。昼休みの30分の昼寝。夜は必ず7時間から8時間は睡眠時間を取ってください。この時間帯に免疫細胞の活力は高まるのです。

 

 良い睡眠が出来ているか出来ていないかの目安は、朝の目覚めを考えて下さい。朝起きても寝た気がしない、頭がボーっとしている、嫌な夢を良く見る、眠りが浅い、朝起きられない、夜中に目が覚めるなどの症状がある人は良い睡眠が出来ていません。

 

 良い睡眠こそが生活の中で免疫細胞を強くする最大の武器となります。どうすれば質の良い睡眠を取ることができるか、そこを良く考えて下さい。少食、運動、精神的な安定、過労を回避する、笑いのある生活、人間関係、薬、食品添加物の多く入っている食品を取らないことが大切になります。

 その中でも少食に気をつけてください。腹7分の食生活をしていると、夜中の寝苦しい感覚、嫌な夢を見る、眠りが浅い、夜中に目が覚める、朝の目覚めが悪いなどの障害は取り除かれます。

 腹7分の食生活をしていると朝の目覚めがすっきりして、それ以上寝たいという気分はなくなります。食物が胃や腸の中で停滞している時間が少なくなり、寝たときには消化吸収が終了していますから、睡眠時間帯は全部、脳、内臓、交感神経、筋肉疲労、などの休憩時間となり体力が回復します。

 

 このときに免疫細胞もリンパ節の中に戻り充分な休憩をして、活力を最高に高めるのです。免疫細胞にも働く時と、休息する時間が必要なのです。人間と同じ、一個の生命体と考えて下さい。

 

 夜中の良質な睡眠、昼間はよく働く、食品添加物の無い食生活、腹7分の食事、昼寝を30分する、午後も良く働く、毎日30分は運動をする、夜食は特に腹7分を厳格に守る。食後は寝るまで何も食べない、夜遅く食事をする人は腹3分にする。このような食生活をしていると免疫細胞の活力は高まります。

 

 【優秀な免疫細胞の生産】【免疫細胞の活力を高める生活】この2つが揃っていると、癌を初めとした色々な慢性病を、免疫細胞がどんどん排除してくれます。自分の体内で優秀な免疫細胞が自由活発に働けるように努力してください。