総合的な食生活が大切

 食品優劣ランク表を作ってから、つくづく感じる事は、1つの有名なサプリメントを取ることによって、癌を克服するというほど、癌は甘い物ではないと感じました。総合的に食生活を大転換しない事には不可能と考えらます。

 

 多くの加工食品の中には、落とし穴のように要注意食品が各所に見受けられます。どれが良い食品か、悪い食品はどれか、見分けるのは困難です。そこで、当院では脈診術を使って、食品の良し悪しを見分け、食品優劣ランク表を作りました。

 

 脈診術により身体が、食品の良し悪しを受け取る信号をキャッチしてランク分けしたものです。人間の舌はうまい物、まずい物を敏感にキャッチして脳に伝えます。しかし、食品添加物を見分ける力はありません。

 

 その点、指先は食品添加物を微妙にキャッチしていたのです。ナノμ㌂という微弱な電気信号を脳に送っていました。しかし、その信号を人間が嫌だと感じるほどの信号ではなかったのです。煙や、強い悪臭、だと嫌だと反応しますが、食品添加物程度の微妙な反応では分からないのです。

 

 その微妙な反応を脈診術では、はっきりと捉えることが出来ました。5名の検査官が食品を手に取り、脈診術で判定してゆくのです。ただ5名が完全に一致することはありません。本人の好みにも左右されますから、多少のずれは生じます。

最後はリーダーの判断で決定しています。

 

 ただ、相対的に見て成程というランクまでの表が出来上がっています。食品の数は何十万点という膨大な数があります。すべてを仕分けすることは出来ませんが、順次、分かった食品からデーターをアップしてゆきます。

 

 優秀食品、とても良い食品、良い食品、普通の食品、注意する食品の5段階選別です。優秀から良い食品までは、安心して食べられる食品です。注意する食品は極力避けた方が良い食品です。

 

 問題は普通の食品に白ごはん、が入っていることです。精製されてミネラル、ビタミン、食物繊維、カルシウムが剥ぎ取られている為、栄養価が低くなり普通の食品にランクが下がっています。出来れば15穀米を混ぜて炊いたご飯を食べてください。

 

 基本的には新鮮な野菜、果物、新鮮な魚、新鮮な肉類、新鮮な海藻類、発酵食品、精製されていない穀物、など、なるべく加工されていない食品は総てOKです。新鮮なほど良い食品で、食品添加物が加わるほど悪い食品となります。

 

 缶詰め類は意外と食品添加物が少ないのです。缶詰めは外気と完全に遮断している為、防腐剤などの添加物が必要ありません。その為、ランクは上の方に上がります。魚の缶詰めなど大いに利用してください。

 

 野菜はお浸しにして、毎食必ず一つまみ小皿に載せて、醤油を少しかけて、食べてください。大腸の中に入ると善玉菌の餌となり、食物繊維は毒素を包み込み排便を促します。ビタミン、ミネラル、カルシウム、も豊富ですからすべてにおいて最良の食品です。

 

 発酵食品では糠漬けが最強の食品となります。糠というミネラル、ビタミン、カルシウムたっぷりな食材を発酵させた糠漬けは、その栄養価が何倍にも跳ね上がり、大腸の中まで届く乳酸菌が沢山入っています。善玉菌の最強の味方になります。

 

 お菓子類、インスタントラーメン類、炭酸飲料、コーヒー牛乳などの加工飲料水、チョコレート類、ハム、ソーセージ、レトルト食品、冷凍食品、カレールウ、大手メーカーのパン類、ソフトクリームなどの冷凍菓子、などは最低ランクに入るものがほとんどです。

 

ドレッシング類は最低にランクされます。マヨネーズ、トマトケチャップ、胡麻ドレッシング、お好み焼きソース、各種ドレッシング、などです。ドレッシングは安い油と各種食品類の組み合わせで、加工食品の最たるものです。野菜などに振りかけると、野菜も最低にランクが下がります。

 

日常生活において、優秀食品と、注意する食品、を完全に逆転させた生活をしてみてください。お通じ、深い眠り、朝の寝覚め、身体の軽さ、頭の爽快感、腰痛の軽減、など多くの点において確かに効果があると感じること間違いありません。