癌患者さんの代替治療計画

 癌患者さんで、このサイトを見て、自分も代替治療で、自分のがんを克服したいと考えた人の治療計画書です。確認しておきたい点が、何か所かありますので、自分がすべてを納得した上で実行に移してください。

 

1、      代替治療でもし、自分が死ぬようなことがあっても後悔しない。

ここで不退転の決意がないと、ついふらふらと抗がん剤に手を出してしまいます。しっかりとした信念をもって臨んでください。

 

2、      3大化学療法、【手術、抗がん剤治療、放射線治療、】は絶対に受けない。

 

3、      代替治療では、癌は消滅しない。なぜなら、癌細胞は異物と認められないように、免疫細胞の目をくらます力を持っているため、免疫細胞が効きにくいのです。そこで癌体質の改善を推進して、がんの増殖の抑制、癌を冬眠させることを目的としています。

 

4、      睡眠薬、痛み止め、抗うつ剤、など薬類も、必要最低限の使用で乗り切ってください。症状が少しでも緩和したら、薬類は辞めてください。

 

5、      代替医療は、単独では効果がない。サプリメントだけとか、運動だけなど、単独では対処できない。癌を侮ったり、簡単に考えてはいけない。総合的な代替え医療で真剣に対処すべきです。

 

6、      尿検査、血液検査、など簡単な検査だけは、6か月に1回は受けていただきます。検査を受けても、腫瘍マーカーの増減や、医者の甘言に乗せられて方針を転換するようなことはないようにしてください。

 

7、      代替医療を継続していると、日常生活がとても快適になってきます。ここで気を緩めたり、昔の生活に戻ることがないように気を付けてください。

 

8、      腸内フローラを意識した、食生活に切り替えて頂きます。ここが一番のポイントです。善玉菌を増やして、癌体質を改善します。

 

9、      半断食をして頂きます。がん患者さんの体力にもよります。体内の毒素を出す、身体の活力を引き出す、体に溜まったごみを取り除く、などに効果があります。

 

10、運動をして頂きます。体力にもよりますが、自分に合った運動量を考えて実行してください。毎日必ず運動はしてください。がんの程度にもよりますので、無理はしないでください。

 

11、温熱療法を取り入れる。岩盤浴、サウナ、半身浴、遠赤外線治療、

   知熱灸、などの中から自分に合った温熱療法をしてください。

 

   12、精神的な生活環境の改善、笑いを取り入れる、人間関係を良くする。忙し

   さを緩和する、睡眠時間は十分にとる、お風呂はゆったりと入り心身とも

   にリラックスする。

 

   13、サプリメントは色々ありますが、高価なものには気を付けて下さい。フコ

   ダインにしてもモズクや昆布を食べれば効果は変わりません。アガリス

   クなどにしてもシイタケ類の菌を培養したものです。これは善玉菌が持

   つ効能を利用したものです。麹菌、乳酸菌、など効果の高い菌

   でありながら、安く市販されているもので代用しましょう。

 

   14、出来れば、普門堂の鍼灸治療を一度受けて、自分の状態や今後の方針など

   を、話し合い、自分に合った治療方針を計画したほうが良いと思います。

   また分からないことも、質問出来るので、納得のいく生活に踏み切れるよ

   うになるでしょう。