癌と腎臓の関係

 癌を知る上では、腎臓の働きを考えておく必要があります。年を取ると癌になる確率は若い人の3倍~8倍になり、年を取るほどこの倍率は高くなります。

なぜこのように年齢と癌の関係がはっきりしているのか? ここに腎臓の機能低下という問題が絡んで来ているのです。

 

 成人では50歳を過ぎるころには平均して、腎機能が70%台に落ちています。60歳代で60%、70歳代では50%以下となります。これは平均ですから、もっと悪くなっている人は当然います。

 

 腎機能が30%より下がると、人工透析はどうですかと、お医者さんに進められます。蛋白尿、高血圧、むくみ、血尿、貧血、疲れやすさ、倦怠感、などが出て、おかしいなと思ってお医者さんに診てもらうと、すでに腎機能の低下が進み、人工透析寸前まで来ていることがあります。

 

 腎機能の低下と、がんの発生は切っても切れない関係にあります。腎機能は年齢と共に自然に下がってきますが、早くするのも遅くするのも、本人の生活習慣によって、大きく変化してきます。次に腎臓の働きについて記します。

 

腎臓の働き

 

  老廃物の排泄 尿素、クレアチン、尿酸、薬物、その他の毒素も、みんな尿の中に溶けだして排出させる働きがあります。

  体液の恒常性維持 水分、ナトリウム、リン、カリウム、重炭酸イオンといった電解質が体内には一定の割合で含まれているが、この一定の割合を維持して、身体を守っている。血液の酸性、アルカリ性の調節もしている。

  ホルモンの生産 血圧の調整、赤血球の成熟、骨粗そう症を予防するビタミンD等の代謝に関与する、様々なホルモンを生産しています。

 

 上記の中で最も癌と関係の深いのが、血液の酸性、アルカリ性の調節もしているという点です。癌は酸性の血液の中で大きくなり、弱アルカリ性の血液の中では冬眠したり、死滅してしまいます。

 

 癌と宣告された時の注意点

年を取って『70歳以上』から癌と宣告された時、あわてて手術、抗癌剤治療など、身体にダメージを与える治療は、やらない事です。上記でも書いているように腎機能の低下により、弱アルカリ性の血液調整の機能が悪くなり、酸性の血液になった為、癌が出来ていたのです。

 

 こんな状態のときに、手術、抗癌剤治療で腎臓に大打撃を与えると、腎機能は一気に低下します。手術により、癌を取り除くことが出来ても、腎機能が最低のラインまで落ち込んでしまい、血液の調整作用がダメになり、酸性血液が体内にあふれます。この血液の中で癌は確実に復活して来ます。

 

 年寄りの抗ガン治療は無意味だと、よく言われますがその通りです。抗ガン治療などは絶対にしないで、腎機能を少しでも良くするような食生活、生活環境の改善、などによって腎機能を少しでも良くなる方向に向ける事です。その方が、はるかに長生きできます。